【動画】女性の救護「まともな人間の反応」 退院の舞鶴市長=大久保直樹撮影
[PR]

 4月の大相撲舞鶴場所で倒れた京都府舞鶴市の多々見良三市長(67)が14日、同市の国立病院機構舞鶴医療センターを退院した。同センターによると、多々見市長に後遺症はなく、順調に回復した。自宅で療養した後、今月末ごろ公務に復帰するという。

 花束を受け取った多々見市長は「いただいた命を大切にして、これからも人のためにがんばりたい」と語った。

 多々見市長は4月4日に市内で開かれた舞鶴場所で、あいさつ中に土俵上で倒れた。くも膜下出血だった。女性看護師から心臓マッサージを受けた後、同センターに搬送された。その際、行司が女性に土俵から下りるよう促すマイク放送をし、「女人禁制」のあり方について議論を呼んだ。

 女性看護師の対応について、多々見市長は「倒れたところに急いで駆け上がるのはまともな人間の反応。感謝している」と話した。(大久保直樹)