[PR]

 医療費を支払わない外国人観光客が後を絶たない問題を受けて政府は、再び未払いになる恐れがある外国人の再入国を拒否することを決めた。訪日外国人の医療の課題を議論してきた政府のワーキンググループが14日、総合対策に盛り込み、公表した。今年度中に連絡体制などを整え、2019年度中に始める。

 再入国を拒否する金額の基準は、海外の事例や国内の実態調査をふまえて決める。英国は、再入国拒否の対象を、500ポンド(約7万4千円)以上の未払いがある人としているという。

 厚生労働省が全国の医療機関から、訪日客の未払い情報を集めて法務省に伝える。法務省は、そのリストに載った人から入国申請があれば厳格に審査する。基準額を超せば一律に入国拒否するか、他の条件も考慮するかは今後検討するが、現行の出入国管理法を適用していくという。

 厚労省によると、外国人を受け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら