[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央テレビは14日午後、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のシンガポール訪問と、トランプ米大統領との首脳会談の模様を伝える記録映像を放映した。正恩氏を様々な手法で持ち上げ、最高指導者の権威を演出。「歴史的瞬間を全世界が見守った」と、会談の意義を最大限に強調した。

 映像は40分余り。12日の米朝会談のほか、前日に正恩氏がシンガポールの観光地を視察する様子などを伝えた。平壌の空港を出発する時には、朴奉珠(パクポンジュ)首相が口に手をあて、自分の息が正恩氏にかからないように話す場面もあった。

 正恩氏がシンガポールに到着する場面では、BGMとしてレイモン・ルフェーブルの「シバの女王」が流れた。北朝鮮では過去、「シバの女王」などの軽音楽は「退廃文化」として視聴や演奏が許されなかった。

 首脳会談ではトランプ氏が正恩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら