[PR]

オーロラの「音」を研究する京大生:藤田菜穂さん(20)

 夜空に輝くオーロラの発生と同時に音が聞こえるらしい。でも録音に成功した例はほとんどない。そんな謎を同級生3人と解き明かそうとしている。

 1年前、同じ京大理学部の天羽(あもう)将也さん(21)と高冨士愛子さん(21)が同時期に「オーロラを見に行きたい」とツイート。すぐ藤田さんが「いいね」。とんとん拍子で渡航が決まった。

 「どうせ行くなら」と宇宙物理学の教授に話を聞き、「オーロラの音」の不思議に魅せられた。オーロラから出る電磁波が脳に直接届き、音と錯覚するのでは? そんな仮説を立てた。この説に結びつく考えを偶然温めていた司(つかさ)悠真さん(21)も合流。リーダーになった藤田さんを中心に、論文を読みあさって研究計画を練り、学内の海外渡航支援制度で30万円を獲得。実験器具を買いそろえた。

 昨年9月、アラスカで3週間、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース