[PR]

 16日に投開票を迎える今年のAKB48世界選抜総選挙。その舞台裏を探ろうと指原会(指原莉乃さんを推すファンたちの会)を頼って握手会に潜入すると、SNSなどでつながったファンたちが「推しメン」を必死に支える姿があった。ファンたちは選挙対策委員会(選対)を結成し、自らの投票とは別に、投票先を決めていない知人にファンクラブに入ってもらったり、そのさらに知人を紹介してもらったりと、あの手この手で票を集める「どぶ板選挙」を展開するという。さらに、取材を進めると、選対による「買収」の実態も見えてきた――。

疑問その5:選挙違反?!

 「1票650円で買い取ります」

 そんなツイートをたどって、ある選対幹部のAさん(若い女性)と接触することができた。Aさんのスポーツバッグを開けると、投票用紙がまるで札束のようにどっさり。この中には、買い取った用紙も含まれているという。投票用紙はCDに封入されている。せっかくCDを買ったのに、投票しないとはどういうことか。

 CDには投票用紙とともに握手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら