[PR]

 猟師になって山林を駆け巡ろう――。徳島県は、7月に始める若手狩猟者養成の「ハンティングスクール」の参加者を募集している。猟具の扱い方など狩猟免許の取得に必要な知識を学べるほか、実際に猟の体験もできるのが特徴だ。

 スクールはわな猟と銃猟の二つの講座があり、各4日間。前半2日間は、猟具や銃器の扱い方や知識を学ぶ座学。講師は県の鳥獣対策の専門家が務め、ベテランのハンターから猟の心構えや鳥獣被害の現状などを聞ける。

 狩猟免許の試験を受けた後にある3、4日目は実地研修。徳島市近郊の山林に出かけ、イノシシやシカの痕跡の見つけ方やわなの仕掛け方、猟犬を使った狩りも体験する。ジビエ料理の試食や解体実習、猟友会関係者との交流もある。

 座学は7月10日(共通)と1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら