[PR]

(14日、ロシア5―0サウジアラビア サッカー・ワールドカップ)

 試合後の記者会見中、ロシアのチェルチェソフ監督の携帯電話に思わぬお祝いが届いた。

 最優秀選手に選ばれたチェリシェフが質疑に応じている時だったため、チェルチェソフ監督は硬い表情で中座。数分後に戻ると、「プーチン大統領から『おめでとう。このままの調子でいって欲しい』と言われた」と明かした。今年に入ってロシアは国際親善試合で未勝利。不安視する声が国内から少なくなかっただけに、「W杯にふさわしいチームと証明できた」と胸を張った。