[PR]

 2020年東京五輪の代表選考会となるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が19年9月15日に、東京五輪とほぼ同じコースで実施されることになった。15日、日本陸連が発表した。新国立競技場の完成が19年11月を予定しているため、スタートは明治神宮外苑のイチョウ並木、フィニッシュは神宮第2球場付近となる。

 レースは午前9時ごろから男子、女子の順で時間をずらしてスタートする。浅草寺雷門や銀座、増上寺、皇居前など名所をめぐるコースとなる。男女ともにこのレースでの優勝者と、2位もしくは3位の2選手が五輪代表に内定する。残りの1人はMGCファイナルチャレンジなどで決定する。現時点で男子13選手、女子6選手のMGC進出が決まっている。

 また、日本陸連の尾県専務理事は、新設されるMGCを「日本選手権とする」と話した。今年から導入されるポイントランキング制度のもと、ワールドマラソンメジャーズといった国際大会ではないものの、「国内選手権として、相応のポイントが獲得できる」と話した。マラソンの日本選手権については、これまで男子なら福岡国際、東京、びわ湖で持ち回りで実施していた。

 18年度シリーズは8月26日の北海道マラソンから始まる。日本陸連の河野長距離・マラソンディレクターはMGC進出の総数について「男子は35~40人、女子は15人に届くのではないか」と見通しを語った。

こんなニュースも