[PR]

 千葉県鴨川市で14日、サルの駆除中に発砲された猟銃の弾を受けた70代男性が意識不明の重体になった事故で、県警鴨川署は15日、男性が死亡し、銃を撃った同市小湊、無職高橋勝容疑者(67)を業務上過失致死容疑で逮捕したと発表した。高橋容疑者は「人がいたことに気が付かなかった」と話しているという。

 署によると、高橋容疑者は14日午後4時45分ごろ、自宅裏の山林でサルを駆除中に散弾銃を発砲し、散弾数発が男性の頭に当たり、死亡させた疑いがある。亡くなったのは近くの男性(78)とみられ、署が身元を確認している。