金田正一氏、規格外の野球人生 やり残したこと「ある」

有料会員記事

山下弘展

 ある失敗がなければ、大投手・金田正一は誕生していなかった。中学を卒業後、夜間の電機技術の学校に通っていたときだ。「手がでかくてな、ハンダ付けが苦手なの」。知人にラジオの修理を頼まれたが、壊してしまう。

 嫌気がさして、学校まで辞め…

この記事は有料会員記事です。残り1106文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら