[PR]

 東京都の小池百合子知事は、エジプトのカイロ大学を首席で卒業したという経歴を疑問視する報道について、15日の定例会見で「昔の話なので一つ一つ覚えていないが、先生から『非常にいい成績だった』と言われ、うれしくてそれ(首席)を(自著に)書いたと思う」と述べるにとどめ、首席だったと明言しなかった。

 小池氏はカイロ大卒業については「卒業証書があり、大学も認めている」と説明。選挙の立候補時には「カイロ大学卒業ということのみを記載している」と述べ、公職選挙法上は問題ないとの認識を示した。

 エジプトでの生活をまとめた小池氏の1982年発行の自著「振り袖、ピラミッドを登る」のプロフィル欄には、76年にカイロ大を「首席で卒業」と記載されている。文芸春秋7月号で、こうした経歴に疑問を呈する記事が掲載された。

こんなニュースも