[PR]

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会で16日(日本時間17日午前1時)にある1次リーグC組のペルー―デンマークは、1年半超の無敗同士の対戦となる。地味な印象もあるが、世界ランキングは11位ペルーと12位デンマークで伯仲、持ち味も好対照な好カードだ。

 ペルーは南米予選5位。ニュージーランドとの大陸間プレーオフ(PO)を経て、1982年スペイン大会以来、9大会ぶりの出場をつかんだ。2016年11月のブラジル戦を最後に、無敗が続く。

 失点の多さを補う攻撃力で、敗戦を回避してきた。南米予選ではブラジルの41得点、ウルグアイの32得点に次ぐ27得点を挙げた。

 中心は34歳のFWゲレロ。ドーピング違反で出場が危ぶまれたが、処分が一時凍結となった。今月3日の親善試合サウジアラビア戦で2得点。ロイター通信によると、「戻って来て、2ゴールを決められて幸せだ」。チームも活気を得たように3―0で勝った。

 デンマークは、16年10月に欧州予選のモンテネグロ戦に敗れたあとは、負けがない。同予選の12試合(POを含む)で9失点と堅守を売りにする。イングランド1部トットナムの主力で予選11得点のMFエリクセン頼みとの評があるが、ハレイデ監督はチーム力に自信を持つ。欧州メディアに対し、「我々は彼のワンマンチームではない」。

 攻撃のペルー、守備のデンマーク。どちらの長所が上回るか。(勝見壮史)

こんなニュースも