[PR]

 第41回全日本おかあさんコーラス中国支部岡山大会(全日本合唱連盟中国支部、県合唱連盟、朝日新聞社主催、キユーピー協賛)が16日、岡山市北区表町1丁目の岡山シンフォニーホールであった。15団体が出場し、「コール・ファミーユ」(倉敷市)が全国大会への出場を決めた。

 コール・ファミーユは総勢30人で「くまさんのうた」(なかにしあかね作詞作曲)と「ケヤキ」(まど・みちお作詞、なかにしあかね作曲)を歌った。

 指揮した大森友美子さん(58)は「見ている人に楽しんでもらえるよう、演技を交えることにしました」。グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をイメージしたきょうだいに扮した2人の演技と、美しいハーモニーを披露し、聴衆はファンタジーの世界に引き込まれていた。代表の小沢順子さん(66)は「ホールに歌声が響いて気持ちよく歌えた。全国大会に向けてバージョンアップできるよう練習を頑張りたい」と意気込んでいた。

 全国大会は8月25、26日、松山市のひめぎんホールで開かれる。(玉木祥子)

     ◇

岡山大会の審査結果

 【ひまわり賞】U―mammy’s▽コール・ココ▽コーロ グリーチネ▽コール サファイア▽コール・ファミーユ【大会賞】夕なぎコーラス▽津山女声コーラス水曜会▽コールあまくさ▽コロポーニョ▽ポリ・ティユーン▽せせらぎコーラス▽コール黄薇【あさひ賞】コールあまくさ(沢田紫門)