[PR]

 気象庁は16日、台風6号が同日夕方にかけて沖縄本島地方に、夜遅くから17日昼前にかけて奄美地方に最も接近すると発表。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の氾濫(はんらん)、高波、高潮などにも警戒を呼びかけている。

 台風は16日午前9時現在、那覇市の西約60キロを時速30キロの速さで東北東へ進んでいる。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。17日午前9時ごろには奄美大島の東約90キロで温帯低気圧に変わる見込み。気象庁は、離島にある沖縄県伊平屋(いへや)村と伊是名(いぜな)村、鹿児島県与論町では50年に一度の記録的な大雨となっているところがあると発表した。