[PR]

 父の日の17日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで、子だくさんのお父さんジャイアントパンダの永明(エイメイ)に飼育員から特製の「竹と野菜の詰め合わせセット」がプレゼントされた。

 永明は1992年に中国で生まれ、94年に来園。25歳という年齢は人間でいえば70代半ば。これまで14頭の子どもの父親になっていて、「飼育下で自然交配し繁殖した世界最高齢のジャイアントパンダ」の記録を更新中だ。今年4月にも良浜(ラウヒン)との間で交尾が確認され、飼育員らは赤ちゃんの誕生を期待している。

 この日のプレゼントは、モウソウチクなど3種の竹とハチクのタケノコ、ニンジンなどを入れたバスケット。飼育員の新谷希未代さん(36)は「永明はグルメ。気に入らないものはたとえおなかがすいていても食べてくれないけど、好きなタケノコは本当においしそうに食べる。これからも元気でいてくれたら」と話していた。(東孝司)