[PR]

 国内有数の生マグロ水揚げ港として知られる勝浦漁港(那智勝浦町)に、マグロを中心とした特産品の販売拠点となる「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日に営業を始める。

 木造平屋建ての建物内にはテナントコーナーと直売コーナーがある。テナントとしてマグロ料理、すし、丼、海産物加工品、豆腐などを販売する8店が入居。直売コーナーでも新鮮な生マグロのほか、地魚干物などの加工品が販売される。買ったものをその場で食べられるウッドデッキの飲食コーナーもある。

 町が地方創生拠点整備交付金を受けて約1億3千万円で建設した。一般社団法人「那智勝浦まぐろブランド推進協会」が指定管理者として運営を担う。町農林水産課の担当者は「新たな食の観光スポットとして期待している。この場所から街なかの商店や観光地へも人を導き、既存の商工関係者と相乗効果を生んでいきたい」と話す。

 23日午前10時からオープニングイベントがある。アンパンマンショー(午前11時、午後2時)、餅・菓子ほり(同3時)など。市場は火曜休館。問い合わせは同課(0735・29・4455)。(東孝司)