[PR]

 毎年6月に米ロサンゼルスで開催される世界最大のゲーム関連展示会「Electronic Entertainment Expo(E3) 2018」の現地リポートをお送りします(写真1)。E3はアメリカ市場向けのゲーム展示会ですが、アメリカは世界最大のゲーム市場であるため、その動向が世界に大きな影響を与えます。一方で、ゲームの市場は、この数年で大きく様変わりしています。ゲームのヒットの形も楽しみ方も変わり、結果として消費者の支持を得るためにゲームメーカー側のアピールの方法も変化しています。ゲームの世界がどう変わっているのか解説します。E3会場の模様はフォトギャラリーにまとめています。そちらもご覧ください。(ライター・西田宗千佳)

ハードウェアからサービスに変わっていくゲーム

 E3では毎年、ゲーム関連の大きな発表がされています。過去にはここで多数の新型ゲーム機が発表されてきました。ゲームソフトについても世界的なヒットを狙うような「AAAゲーム」と呼ばれる大型作品は、日本のメーカーが作ったものであっても、あえてE3で発表されることが多くなっています。

 ゲームといってもその形は様々ですが、特にE3は家庭用ゲーム機とパソコンのゲームが中心です。気軽に楽しむスマートフォン向けのゲームよりも、じっくりと楽しむゲームに注目が集まります。それは、E3に集まるゲームメーカーが、スマホ向けよりもパソコンやゲーム機を中心としたじっくりと楽しむ濃いゲームが得意な企業が多いこともあるのですが、特にアメリカ・ヨーロッパ市場において、そのような濃いゲームを趣味として楽しむ大人の市場が日本よりもずっと大きなものとして成立している事情が大きいのです。

 今年のE3では何が話題だった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも