[PR]

 沖縄県の那覇空港で14日夜、航空自衛隊のF15戦闘機2機が管制官の指示に反して滑走路に進入し、着陸態勢に入っていた民間機を妨害するトラブルがあった。関係者によると、戦闘機の操縦士は「民間機を視認し、遠い(ので先に入れる)と思った」と説明しているという。国土交通省は深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定。運輸安全委員会が16日、調査を始めた。

 国交省や防衛省によると、戦闘機2機は14日夜、領空侵犯の恐れのある航空機への対処のため、緊急発進(スクランブル)の指示を受けて滑走路に向かった。管制官は2機に対し、滑走路手前の誘導路上で待機するよう指示したが、2機は午後8時25分ごろ、相次いで停止位置を越えて滑走路内に進入した。

 当時、滑走路の約5キロ手前では民間機の琉球エアーコミューター804便(ボンバルディアDHC8―402型、乗客乗員35人)が着陸態勢に入っていた。管制官は危険を回避するため、戦闘機に滑走路離脱を指示するとともに、民間機の着陸許可を取り消した。

 関係者によると、1機目の戦闘機の操縦士は防衛省の調査に「管制官の指示を明確に認識していなかった」と説明。民間機を自ら視認し、先に離陸できると判断したとみられるという。後続機の操縦士は停止指示を認識していたが、1機目が進入したため自身が進入指示を聞き逃したと思い、続いたという。

 管制官は離脱を確認後、民間機に改めて着陸を許可。同機は午後8時27分に着陸した。けが人はなかった。(伊藤嘉孝、編集委員・土居貴輝)

■自衛隊戦闘機、対中国スクラン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら