[PR]

 110人が死亡した中米グアテマラのフエゴ山の噴火について、政府は17日、行方不明者197人の捜索を打ち切ると発表した。

 フエゴ山は3日に大噴火し、火砕流が発生。ふもとの集落が大きな被害を受け、同国に過去40年で最大の被害をもたらした。

 中でも行方不明者が集中しているサンミゲルロスロテス地区は、集落全体が火砕流にのみこまれた。一帯は火山灰や土砂に埋まっており、捜索隊によると深さは5メートル以上あるという。

 2歳の娘や母ら家族4人が埋まったままだというマリエラ・ガルシアさん(33)は、朝日新聞の電話取材に、「納得できないが、何もできない。1時間250ケツァル(約3700円)で捜索を請け負うという人もいるが、そんなお金もない」と話した。(ボゴタ=岡田玄)

こんなニュースも