[PR]

 大阪府北部で18日朝に発生した地震の影響で、大手流通や外食の営業にも影響が出ている。

 大手百貨店は、大阪や京都にある店で、通常午前10時の開店時間を遅らせる対応をとっている。いずれも交通の乱れにより、従業員らが出社できないため。

 高島屋は大阪・難波の大阪店、京都の洛西店の営業を見合わせている。従業員が出勤できず、開店準備ができないためという。堺市の堺店、泉北店は昼過ぎに開店した。京都店も開店している。

 Jフロントリテイリングは、松坂屋高槻店(大阪府高槻市)と、大丸心斎橋店(大阪市)、大丸梅田店(同)を臨時休業とした。大丸京都店(京都市)は正午から開店した。

 三越伊勢丹のジェイアール京都伊勢丹(京都市)は地下の食品売り場や上層階のレストランなど一部で営業している。食器など複数の商品が床に落下し破損したという。

 イオンによると、停電やスプリンクラー作動などの影響で、大阪府内の一部店舗が営業を見合わせているという。

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)によると、コンビニエンスストア「セブン―イレブン」は関西圏の数店舗で停電しているが、非常用電源で一部のレジなどの電源は確保して営業は続けている。イトーヨーカドーについては通常営業の予定という。

 ローソンでは、大阪市内の約10店舗で店のATMやレジが通信の問題で動かない支障があるが、店は営業しているという。

 ユニー・ファミリーマートHDでは、ファミリーマートや総合スーパーのユニーで、商品の落下などはあるが通常通り営業している。

 吉野家HDによると、大阪府枚方市などの30店舗で、ガスが使えず営業を停止している。数十店舗で食器が破損する被害が出ているという。

 大戸屋HDによると、大阪市と大阪府吹田市の計2店舗で18日の休業を決めた。神戸市の1店舗では、従業員が出勤できないなどの理由で開店時間を遅らせるという。

 ニコンのショールーム「ニコンプラザ大阪」(大阪市北区)は18日午前10時30分からの営業を休止した。再開は未定。

 大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」は18日の営業を終日取りやめる。京阪ホールディングスによると、内部に大きな被害はないが、主要交通手段である京阪電鉄が不通のため、営業休止を決めたという。

     ◇

 いずれも午後1時現在