[PR]

 長崎県であった全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で、延岡学園(宮崎)の留学生(15)が審判の顔を殴った問題で、学校は18日会見し、校長らが陳謝した。留学生は5月末からホームシック気味だったという。

 会見には、佐藤則夫校長(65)と佐々木博之教頭(50)、川添裕司監督(50)が出席した。

 学校によると、留学生は2月に来日したコンゴ民主共和国籍の1年生。身長2メートル4センチで手が長くジャンプ力もスピードもある。「日本でバスケと勉強がしたい」と希望してスポーツ留学した。普段はスマートフォンの仏語(母国語)翻訳アプリや2年の先輩を介して会話している。

 5月末のインターハイ県予選直…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら