[PR]

 「日本の異界 名古屋」「真実の名古屋論」「大人の名古屋」――。名古屋市内の書店には、地元の地名を冠した本や情報誌が目につく。以前は地域独自の文化を取り上げた「名古屋論」が目立ったが、地理・歴史関係の刊行が相次ぎ、中学生向け副読本が増刷されるなど、人気のジャンルも変化を見せている。

 名古屋を論じる新書が昨年相次いで発刊された。名古屋在住のライター大竹敏之さんによると、発端は2016年に名古屋市が自ら実施し、「行きたくない街ナンバーワン」に選ばれた調査。さらに週刊誌で組まれた「名古屋ぎらい」特集が拍車をかけたとみている。

 こうした新書には、「名古屋ぎ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら