[PR]

 国立研究開発法人・量子科学技術研究開発機構は18日、六ケ所村の六ケ所核融合研究所で核融合発電の原型炉開発に必要な陽子ビームの加速実験に成功したと発表した。日欧の合同チームによる成果で、研究グループでは「原型炉の開発に向け大きな一歩を踏み出した」としている。

 核融合発電は1億度以上の超高温状態で原子核同士をぶつけ、核融合で別の種類の原子核に変わる際に発生する膨大なエネルギーを利用する。海水中の重水素など豊富にある資源を利用でき、連鎖反応による暴走の危険性も低いことから未来のエネルギーとして期待されている。

 原型炉の運転には、核融合で生じる高速の中性子のエネルギーを熱に変えるため耐久性の高い壁の材料を開発する必要がある。六ケ所核融合研の装置では、この材料開発のために核融合反応時と性質が近い中性子を作るためのビーム加速器の開発が目標となる。

 機構によると、六ケ所核融合研…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら