[PR]

 司法試験予備試験に出題ミスがあった問題で法務省は18日、ミスのあった問題を選んだ受験者を全員正解扱いにすると発表した。この結果、14日の合格発表時点で不合格だった49人が追加合格となり、合格者数は2661人となった。

 試験は5月20日に実施され、42問から20問を選んで答える一般教養科目の1問に正解がない問題があった。予備試験に合格すれば、法科大学院を修了しなくても、司法試験の受験資格を得られる。今年は1万1136人が受験した。