[PR]

 金沢大角間キャンパス(金沢市角間町)に今月、障害者らが働く特別食堂「YABU&CAF●(Eに鋭アクセント付き)丹(たん)」がオープンした。社会福祉法人「佛子(ぶっし)園」(石川県白山市)が運営し、就労支援の場であるとともに、オシャレな店内で提供するそばやコーヒーにこだわり、学外から来る人も利用できるスペースとなっている。

 障害者の就労を支援する全国の社会福祉法人などでつくるNPO法人「就労継続支援A型事業所全国協議会」(東京都)の事務局によると、国立大のキャンパス内にこうした就労施設ができるのは「聞いたことがない」という。今月4日、金沢大自然科学系図書館南福利施設2階にオープンした。働くのは、複合型福祉施設「シェア金沢」(金沢市若松町)にある就労支援サービスのワークセンター利用者。18歳以上の5人ほどが、シェア金沢のスタッフらとともに、洗い物をしたりトレーに料理をセットしたりして働いている。

 そばは佛子園が輸入しているブータン産を使い、自家製粉、自家製麺でつくる。風味がよく、ブータンのそば農家を支援する意味もあるという。自家焙煎(ばいせん)のコーヒーはテイクアウトもできる。

 オープン以来、教職員や学生た…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら