【動画】唐古・鍵遺跡の史跡公園と唐古・鍵ミュージアム=田中祐也撮影
[PR]

 今年4月、弥生時代の環濠(かんごう)集落跡の唐古・鍵遺跡(奈良県田原本町)の活用をめざし、史跡公園がオープンした。道の駅も同時期に開業し、新たな観光スポットとしても注目を集める。整備された園内を歩くと、2千年前の風景がよみがえってくるようだ。

 田原本町役場から国道24号を車で北に走ると、5分ほどで唐古・鍵遺跡史跡公園に着いた。町教育委員会文化財保存課の奥谷知日朗(ともひろ)係長(38)の案内で、園内に入った。

 最初に溝の上にかかる橋を渡る。この溝こそ、集落を外敵から守った環濠の跡だ。「発掘調査で、環濠が何重にも巡っていたことがわかっています」と奥谷さん。公園の北東部にある展望デッキから見ると、何重にも巡らされた環濠の様子が復元されているのがわかる。

 国道建設を理由に、発掘調査が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら