[PR]

 米国と韓国の国防省は19日、8月に実施準備を進めていた米韓軍の定例の軍事演習「フリーダムガーディアン」を中止すると発表した。トランプ米大統領は12日に北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と行った米朝首脳会談で、米朝対話が続く間、米韓合同軍事演習を中止する考えを表明していた。

 米韓が8月に韓国で実施する「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」のうち、米韓軍による合同指揮所訓練の中止を決めたもので、韓国が独自に行う有事に備えた行政府の対応訓練「乙支(ウルチ)訓練」をどうするかは明らかにしていない。

 韓国国防省は19日、「韓米は緊密な協力を経て、8月に実施する予定だった防衛的な性格の軍事演習のすべての計画活動の猶予を決定した」と発表した。

 毎春の定例演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」などをどうするかは決定されていないとし、「今後も韓米の国防省は、合同防衛に隙が出ないように緊密な協力を進めていく」と説明した。(ソウル=武田肇、ワシントン=園田耕司)

こんなニュースも