[PR]

 学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が19日午前、岡山市内で記者会見する。愛媛県今治市での獣医学部新設をめぐり、愛媛県の文書に書かれていた理事長と安倍晋三首相の面会がなかったと学園側が謝罪した問題について説明する見通し。

 加計学園のプレス向けリリースによると、19日に緊急の理事会を開き、一連の問題を「学園担当者が起こした不適切な言動による重大なコンプライアンス違反」だとして、職員の処分を決めるとしている。理事会の決定とその理由などについて、加計理事長自身が説明するものとみられる。

 文書には2015年2月に首相と加計氏が面会したと学園から報告があったと記載されていた。学園は今年5月26日、「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出した」とするファクスを報道各社に送付し、渡辺良人事務局長が県幹部を訪ねて謝罪していた。中村時広・愛媛県知事は「最高責任者が公に説明するのが当然」などと求めていた。