[PR]

 関西の主要な百貨店では、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング傘下の西武高槻店(大阪府高槻市)が、施設の安全確認に引き続き時間がかかるとして、19日も終日営業を見合わせている。Jフロントリテイリング傘下の松坂屋高槻店(同)も通常より30分遅らせて、一部のフロアを除いて午前10時半に開店した。

 地震で従業員が出勤できないなどの影響で18日に終日休業していた阪急百貨店うめだ本店、阪神百貨店梅田本店、大丸梅田店、大丸心斎橋店の大阪市内の各百貨店は通常営業に戻った。

 同じく開店時間が遅れるなどの影響が出ていた高島屋は、大阪店(大阪市)を含む関西の5店でほぼ通常営業に戻った。ただ、洛西タカシマヤ(京都市西京区)でスプリンクラーが壊れた影響で営業できていないフロアが一部残っているという。

 JR京都駅にある、ジェイアール京都伊勢丹も19日、通常営業に戻った。18日は開店を午後0時半に遅らせ、食品・レストランなどに絞って営業していた。