[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転を受けて停止したワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故をめぐり、無関係の建設会社(北九州市)に関するデマや個人情報をネット上に書き込んだなどとして、福岡県警は19日、福岡市などに住む男11人を名誉毀損(きそん)容疑で書類送検し、発表した。いずれも容疑を認めているという。

 県警によると、書類送検されたのは9道県の33~63歳の会社員や派遣社員ら。それぞれ昨年10月11~14日、携帯電話やパソコンを使ってネットの掲示板サイトやSNSにデマを転載するなどし、不特定多数に閲覧させて建設会社の名誉を損なわせた疑いがある。

 被害を受けた建設会社「石橋建設工業」の石橋秀文社長や捜査関係者によると、ワゴン車の進路をふさいで追突事故を引き起こしたなどとして逮捕された男の姓が「石橋」で、自宅が北九州市に近い福岡県中間市だったことなどから、石橋社長を「容疑者の父」、石橋建設を「容疑者の勤務先」とする誤った情報がネット上に書き込まれた。

 さらに、男が逮捕された翌日の昨年10月11日には、嫌がらせや中傷を含む会社への電話が100件ほどに上った。その後も名前や会社の電話番号などがネット上で拡散し、業務に支障が出たという。

 県警は昨年12月以降、名誉毀損容疑で北九州市、福岡県春日市、大分、愛知両県の個人宅などを家宅捜索。押収したパソコンの解析などを進めていた。石橋社長は今年3月、名誉毀損容疑で告訴状を福岡県警に出した。石橋社長は19日、朝日新聞の取材に対し、「書類送検されてよかったと思うが、11人以外にも書き込みに関わった人はいると思う。これで終わりだとは思っていない」と話した。