[PR]

 19日午前8時半ごろ、青森市北金沢2丁目の商店経営、小山和子さん(79)方で、小山さんが倒れているのを知人が見つけ、110番通報した。小山さんは首にスカーフを巻かれ、腹から血を流して死亡していたといい、県警は殺人事件とみて、捜査を始めた。

 小山さんの遺体を見つけた知人の男性(80)によると、小山さんは自宅で八百屋を経営。数日前から連絡が取れなくなったのを心配して小山さん宅を訪れたところ、無施錠の勝手口から入ってすぐのところで、靴を履いたまま仰向けに倒れている小山さんを発見した。倒れていた場所は小上がりになっており、上半身は段の上に、足は段の下にあったという。

 一方、現場から100メートルほど離れた同市旭町1丁目の住宅では12日に、この家に住む菊地のり子さん(67)が死亡しているのを訪ねてきた妹が発見。司法解剖の結果、死因は窒息だった。首を絞められたような痕があったことなどから、県警が殺人の疑いもあるとみて捜査していた。

 県警は二つの現場が近接していることなどから、関連性についても調べている。現場は青森駅から南へ約1キロ離れた住宅街。