【動画】青竹を切って豊作を占う「竹伐り会式」=大村治郎撮影
[PR]

 大蛇に見立てた青竹を山刀でたたき切り、豊作を占う「竹伐(き)り会式(えしき)」が20日、京都市左京区の鞍馬寺であった。本殿で僧兵姿の若者らが長さ約5メートル、太さ約10センチの青竹を勢いよく切ると、約200人の参拝者から拍手と歓声があがった。

 平安時代、寺の僧侶が修行中に現れた大蛇を退治したという故事にちなむ伝統行事。江戸時代から「丹波座」と「近江座」に分かれ、速く切り落とした方の土地が豊作になると伝わる。今年は丹波座が2年ぶりに勝った。(大村治郎)

関連ニュース