[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、H組の日本(世界ランキング61位)は19日、サランスクのモルドビア・アリーナでの初戦でコロンビア(同16位)と対戦し、2―1で快勝した。日本は前半6分、コロンビアの反則、退場で得たPKを香川が決めて先制。しかし、39分、FKを決められ、同点とされた。数的優位を生かして試合を進めた後半28分、大迫がCKを頭で合わせ勝ち越しゴールを挙げ、そのまま1点のリードを守り切った。この試合の最優秀選手には大迫が選ばれた。

 日本とコロンビアは前回のブラジル大会でも顔を合わせ、この時は日本が1―4で敗れており、鮮やかに雪辱を果たした。

 6大会連続6回目出場の日本は、これがW杯18試合目。通算成績を5勝9敗4引き分けとした。初戦で勝つか引き分けた2大会では決勝トーナメントに進んでいる。

 【試合終了】

 アジア勢がW杯で南米勢から勝ち星を挙げたのは初めて。勝利は2010年南アフリカ大会のデンマーク戦(3―1)以来。西野監督は1996年のアトランタ五輪で日本を率いてブラジルを破ったことがあり、「マイアミの奇跡」と言われた。

 【追加時間】

 追加時間は5分と表示された。日本は時間を使って攻撃することが大事。ボールを失わないことを最大の目的にしなければならない。

 【後半40分】

 日本が最後の選手交代。大迫に代わって岡崎。大迫は足を痛めたこともあり、岡崎の守備力に期待した交代だ。

 【後半35分】

 日本は柴崎に代わって山口が入った。

 【後半33分】

 コロンビアの攻撃を日本の守備陣が必死に守る。ロドリゲスのシュートを防いだのはFWの大迫だった。日本は選手全員が攻守に奮闘している。

 【後半28分】

 大迫がゴール。本田の左CKを頭で合わせた。日本が再びリード。

 【後半25分】

 日本は香川に代わって本田が入った。コロンビアも選手交代。イスキエルドに代わってバッカが入り、コロンビアの選手交代はすべて終了。

 【後半22分】

 日本が右CK。本田がウォーミングアップを始める。

 【後半16分】

 酒井宏が右からシュート性のボールを放つ。コロンビアは後半、チャンスらしいチャンスを作っていないが、かえって不気味だ。

 【後半15分】

 吉田のヘディングシュートは枠を外れた。

 【後半14分】

 コロンビアが2人目の選手交代。ゴールを決めたキンテロに代わり、前回大会の得点王ロドリゲスが入った。

 【後半12分】

 乾が右足でシュート。コロンビアGKオスピナに防がれた。日本は前半に比べ、落ち着いた試合運びでチャンスを作れるようになった。

 【後半9分】

 大迫の左足のシュートはコロンビアのGKオスピナにブロックされ、CKになった。

 【後半5分】

 日本がCKを獲得。吉田を狙ったがシュートまでは至らなかった。

 【後半開始】

 両チームとも交代選手はなく、コロンビアのキックオフで後半が始まった。

 【前半終了】

 日本は1人多い数的優位を生かすことができず、同点で前半を折り返すことになった。

 【前半39分】

 コロンビアがゴール右からFK。ゴロのシュートが右下隅に決まる。コロンビアが1―1の同点に追いつく。意表を突いた壁の下を通すシュートは見事だった。ただ失点の原因になったのは長谷部のファウルだったが、日本には不運な判定だった。

 【前半34分】

 コロンビアのファルカオがロングパスに右足を合わせるが、GK川島がキャッチした。

 【前半31分】

 コロンビアが選手交代。バリオスが入り、Ju・クアドラードが出た。

 【前半24分】

 日本がCKを獲得。ゴール前にクロスが上がったが得点にはならず。10人のコロンビアはカウンター狙いに徹する。

 【前半6分】

 香川がPKを成功。日本が先制。香川はW杯出場4試合目で初ゴール。重圧はあったろうが慎重に成功させた。

 【前半3分】

 日本の攻撃でコロンビアがペナルティーエリア内でハンドの反則。C・サンチェスはレッドカードで退場。日本がPKを獲得。

 日本代表の先発は次の通り。

 ▽GK 川島(メッス)

 ▽DF 酒井宏(マルセイユ)、吉田(サウサンプトン)、昌子(鹿島)、長友(ガラタサライ)

 ▽MF 長谷部(Eフランクフルト)、柴崎(ヘタフェ)、原口(ハノーバー)、乾(ベティス)、香川(ドルトムント)

 ▽FW 大迫(ブレーメン)