【動画】ブロック塀倒壊の倒壊で女児が死亡した件について会見で説明する高槻市の浜田剛史市長ら=佐藤岳史撮影
[PR]

 大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震で大阪府高槻市の寿栄小学校でブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈(りな)さん(9)が死亡した事故について、大阪府警は19日、業務上過失致死容疑で現場検証した。また高槻市は19日夜に会見を開き、改めてブロック塀が建築基準法に違反していたと認めて謝罪。昨年実施した点検結果も公表したが、内容を問われると、「調査中」と繰り返した。

 会見には浜田剛史市長と市教委の樽井弘三教育長が出席。冒頭で浜田市長はブロック塀の構造について、「法令に適合していなかった。市の責任を痛感しており、原因究明と再発防止に全力を注ぐ」と述べ、市の責任を認めた。また樽井教育長は18日に、三宅さんの両親に謝罪したと明かし、「お父さんもお母さんも悲しみに暮れていた。私も多くの言葉をかけることができなかった」と話した。

 市によると、倒壊した塀の高さは1・9メートルの基礎部分にブロックを8段(1・6メートル)積み上げた構造で、建築基準法施行令に違反する構造だった。市はブロック塀を含む校内の建物について、3年ごとに専門業者に依頼して安全点検を実施。会見では、2017年1月に実施した定期点検結果の報告書が公表された。

 報告書には131項目の内容を記載。各項目には「指摘なし」「要是正」などの欄があり、それぞれ「○」と「-」印がつけられていた。倒壊したブロック塀も「-」と記されており、この印の意味に質問が集中。しかし市側は「当時の業者の記憶があいまい」などと述べ、昨年の調査結果の内容については明らかにされなかった。

 一方、この日寿栄小学校では午前10時半から、文部科学省の担当者ら5人がブロック塀を調査。約1時間、塀や基礎部分の割れ目などを調べた。文科省の丹沢広行・文部科学戦略官らによると、基礎部分とその上のブロック部分は、長さ33センチ、太さ1・3センチの鉄筋約50本で接続。これとは別に、塀の中には太さ9ミリの鉄筋が縦と横に40センチ間隔で入っていた。だが、これら二つの鉄筋はつながっていなかった。