【動画】舞台を囲むように配置されたザ・シンフォニーホールの客席=遠藤真梨、小川詩織撮影
[PR]

時紀行

 クラシック音楽を堪能できる専用ホール。記者も幼い頃から、そこでオーケストラやソリストの演奏を楽しんできた。今や日本各地に存在するが、一番初めに建てられたのは、1982年に大阪に誕生したザ・シンフォニーホールだ。それまで日本で聴くことのできなかった最高の響き「残響2秒」を追求したホールのこだわりを取材した。

 客席の照明が落ち、指揮者がタクトを振り始める。バイオリンやチェロが音を刻み、ホルンやクラリネットの旋律が重なる。日本センチュリー交響楽団の演奏会。響きがホールを包み込み、まるで楽器の中にいるようだ。

 ここは大阪にあるザ・シンフォニーホール。「クラシック音楽を聴くには、残響2秒が最適とされているんですよ」。設計を担当した元大成建設の美濃吉昭さん(82)は話す。

 残響とは、演奏が止まった後にも響いている音で、演奏の余韻を作る。フェスティバルホールやサントリーホールを設計した永田音響設計(東京)などによると、ウィーン楽友協会ホールなど「響きがいい」と評される世界の名だたるクラシック専用ホールの残響は、どこも2秒程度だという。

 天井の反響板、吸音材を使った椅子のカバー、床には音を反響させるコルクのタイル……。日本初のクラシック専用ホールとして1982年に建てたとき、1704席で最高の余韻を味わえるよう、細心の注意が払われたという。

 84年にこの舞台に立った世界的指揮者カラヤンは「最も音響的にすぐれたホール」と称賛した。建設時の絶対目標「残響2秒」はホールの代名詞となり、当時の評判に違(たが)わぬ響きを届け続けている。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら