拡大する写真・図版 地震が発生し、阪急電鉄神戸線の駅と駅の間で緊急停止した車両から座席シートを滑って降りる乗客(2018年6月18日阪急電鉄提供、乗客の顔にモザイクをかけています)

[PR]

 大阪府北部を襲った最大震度6弱の地震では、駅と駅の間で緊急停止する列車が相次いだ。車内に閉じ込められた乗客を脱出させるために活用された設備の一つが、座席シートだ。

 阪急電鉄では、18日午前7時58分に大きな揺れを感知した直後、列車36本が駅と駅の間で緊急停止した。運転再開が見通せないため、乗客を車外に降ろし、最寄り駅まで線路上を歩いてもらうことにした。

 そこで活用されたのが座席シートだ。阪急によると、車掌と運転士が車内の7~8人掛けのシートの座席部分を四つ取り外し、滑り台のような座面と両側の壁面をつくり、乗降口に斜めに立てかけた。乗客は次々と滑り降りたという。

 シートは長さ3・17~3・86メートル、奥行き0・45メートル。乗客を脱出させる訓練は定期的に行っており、シートを使う訓練もしている。事故などの場合は、対向車線に救援車両を用意し、扉の位置を合わせて「橋渡し」をするときに座席シートを使うこともあるという。

 2003年に導入された9300系以降の新型車両では、シートに間仕切りがあるため、脱出用には使えない。代わりに、1編成に2台のはしごを搭載している。現在も約6割は間仕切りのないタイプの車両だ。

 阪急のシートはゴールデンオリーブと呼ばれる上質感漂う緑色で知られる。表面のパイル(立毛)は復元力に優れ、素材の7割はアンゴラヤギの毛を使っている。「ふかふかの座り心地の良さ」が好評だという。

 乗客を降ろした後は、洗浄した上で再び取り付けられる。19日は始発から通常運行に戻った。

 広報担当者は「地震などの緊急時の脱出には、使えるものは何でも使ってお客様の安全を確保しています」と説明している。

 JR西日本でも、座席シートをはしご代わりに使った車両があったという。(波多野大介)