投じた私財100億円 永守氏が挑む「二足のわらじ」

有料会員記事

辻森尚仁
[PR]

永守の野望(下)

 「欧米では新入社員は即戦力。日本の大学生は一流、二流、三流に関係なく、卒業してもほとんど即戦力にならない」

 4月1日、演壇上の永守重信(73)を見つめ、話を聞くのは、日本電産の新入社員ではない。京都学園大に入学する、約900人の学生だった。

 永守は今春、同大学の理事長に就任した。100億円以上の私財を寄付して、運営にも口出しをする。

 来年春には大学名を「京都先端科学大学」に変える。モーター関連の技術者を養成する大学をつくるのが、永守の長年の夢だった。自らあたためてきた大学名を入学式で披露し、こう続けた。

 「何年か先には、この大学の卒業生を欲しいという企業が大勢出ますよ」

 永守の自信は、日本のものづ…

この記事は有料会員記事です。残り967文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら