[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は20日朝、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪中を伝えた。正恩氏は、習近平(シーチンピン)中国国家主席らが出席した19日の夕食会で中朝関係を「古今東西に例のない特別な関係」と異例の表現で強調したといい、12日のシンガポールでの米朝首脳会談で中国が果たした役割の大きさを改めて浮き彫りにした形だ。

 正恩氏は19日午後、習氏らと会談。米朝首脳会談の結果について説明した上で、お互いの見解や立場について意見交換。朝鮮半島の非核化問題などで共通認識を持つに至ったとした。正恩氏は、米朝会談に対する中国の支持と支援に感謝したという。

 正恩氏は夕食会で「朝中が苦楽…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら