[PR]

 堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、大阪府警は20日、姉で堺市南区鴨谷台2丁の建設会社長、足立朱美容疑者(44)を殺人容疑で逮捕し、発表した。足立容疑者は「やっていません」と容疑を否認している。

 捜査1課によると、足立容疑者は3月27日、自身が社長を務める同市中区の建設会社「大一水道」の事務所で、弟で別の会社の役員、聖光(まさみつ)さん(40)に睡眠導入剤を服用させ、2階トイレ内で練炭を使って殺害した疑いがある。

 トイレのタンクの上に焼けた練炭が置かれていたほか、2階別室では母親(67)も倒れており、府警に「朱美が作った抹茶オーレを飲んで意識がなくなった」と説明。聖光さんの遺体からは、睡眠導入剤の成分も検出された。

 足立容疑者は聖光さんが死亡した直後、聖光さんの妻に、パソコンで書かれた遺書が見つかったと説明。内容を不審に思った妻が府警に相談し、府警が足立容疑者の自宅を家宅捜索したところ、聖光さんから検出されたものと同種の睡眠導入剤などが見つかった。

 糖尿病を患っていた足立容疑者の父(67)も今年1月、治療に使うインスリンの多量摂取により、意識不明が続いている。府警はこの経緯についても調べる。