[PR]

 韓国の大手仮想通貨交換所ビッサムは20日午前、約350億ウォン(約34億6千万円)規模の仮想通貨が19日夜から20日未明にかけて盗難にあったと発表した。詳しい原因は明らかになっていない。顧客被害分は同社が補塡(ほてん)するほか、顧客の通貨について盗難防止措置を取ったとしている。同取引所は、安全が確認されるまで当分の間、入出金手続きを停止するという。

 韓国政府傘下の韓国インターネット振興院によれば、別の仮想通貨交換所コインレイルでも10日、ハッキングによる仮想通貨の被害申告があった。保有量の30%が流出したといい、韓国メディアは被害額が400億ウォンに上るとしている。

 韓国の情報機関・国家情報院によれば、韓国では昨年、北朝鮮によるサイバー攻撃によって数百億ウォン(数十億円)相当の仮想通貨の被害が発生している。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも