[PR]

 経営が悪化している市立札幌病院(関利盛院長、747床)は19日、2017年度決算が10億8千万円の赤字となるという見通しを初めて明らかにした。赤字は4期連続。累積赤字は100億円の大台に限りなく近づくとみられ、抜本的な改革が求められそうだ。

 見通しはこの日、経営改善策について話し合う専門家の検討会(第2回)で示された。

 市立病院は最近、新たな入院患者を獲得するため、救急の受け入れを増やす取り組みを始めた。市立病院側はこの日の検討会で、重症患者以外の「1次救急」や「2次救急」の受け入れ人数は17年度に2477人に達し、前年度から45%増えたことを明らかにした。

 また、市立病院側は経営再建のたたき台となる基本理念について「つねにやさしさをもって診療に専心する」というビジョンを提示。市立病院が担うべき主な役割として①地域医療支援病院②高度急性期病院③(道内の)医療計画を支える④人材育成――の四つを挙げた。

 検討会では、経営再建のビジョンについて、委員から「市内の医療機関は充実している。公立病院として役割をまずかたるべき」「(市民にとって)『最後のとりで』である点をしっかりと出した方がいい」といった指摘が相次いだ。

 検討会は今年秋にも報告書をまとめる。市立病院は年度内に策定する次期中期経営計画(19~24年度)に、これを反映させる。

(戸谷明裕)

経営再建どうすれば? 新参与・井上貴裕氏に聞く

 市立札幌病院の経営を再建するにはどうしたらいいのか。新たに参与として招かれた外部のアドバイザーで、千葉大医学部付属病院の病院長企画室長の井上貴裕氏(43)に病院経営改革の秘訣(ひけつ)を聞いた。

 ――市立札幌病院はほかの公立病院と比べてどうですか

 「利益が出ている病院に私がアドバイザーをしている岐阜県の大垣市民病院があります。補助金を入れずに黒字。大垣の場合は周りにライバルがいませんが、札幌は病院の激戦区です。同じやり方をそのまま持ってきても難しいでしょう」

 ――札幌圏は病院数が多いので…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら