[PR]

 大阪府北部を震源とした今回の地震で地盤が弱くなった地域では、雨が上がった後も土砂崩れが発生しやすいとして、専門家は注意を呼びかけている。

 京都大防災研究所の松四(まつし)雄騎准教授(山地災害)は「地震の後は斜面に亀裂が入るなどして、いつもより少ない雨でも土砂崩れが起きやすい」と指摘する。

 過去に土砂崩れが起きたのとは違う場所でも、亀裂がきっかけで崩壊が起こる可能性がある。雨を含むことで地盤はさらに弱くなり、雨が上がった後も余震で崩れやすいという。松四さんは、「宅地が山裾に迫る地域では、特に注意が必要だ。気象情報や余震に注意してほしい」と話す。

 関西大社会安全学部の小山倫史准教授(地盤工学)も「地割れや亀裂に雨水が入ると、土砂崩れのリスクは高まる。裏山の斜面に亀裂があったり、パラパラと石が落ちてきたりしたら、行政に連絡してほしい」と話す。(鈴木智之)