[PR]

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日(日本時間20日)、全32チームが初戦を終えた。前回王者のドイツ(世界ランキング1位)がメキシコ(15位)に敗れるなど、強豪の苦戦が目立っている。

 世界ランキング上位8チームで順当に勝ったと言えるのはベルギー(3位)ぐらい。フランス(7位)も勝ったが、豪州(36位)に2―1と苦戦。過去最多5度の優勝を誇るブラジル(2位)とメッシのいるアルゼンチン(5位)は、ともにランキング下位のチームと引き分けた。

 初戦の全16試合のうち、世界ランク上位チームが勝ったのは7試合で、敗れたのは6試合に上った。前回ブラジル大会では、上位チームが12試合で勝ち、敗れたのは2試合だった。

 日本のH組は、2試合ともに下位のチームが勝利を収めた。日本(61位)がコロンビア(16位)に、セネガル(27位)はポーランド(8位)に競り勝った。2試合ともに「下克上」だったのは、H組だけだ。

 地域別で見ると、南米が苦戦し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら