[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に初出場し、国内が大盛り上がりの人口約35万の小国アイスランド。1―1でアルゼンチンと引き分けた16日の初戦では、「テレビ視聴率」の瞬間最高で99・6%を記録したと、同国サッカー協会がツイッターで明らかにした。では、残りの0・4%が見た番組とは――。ロイター通信が報じている。

 同点ゴールを決めたFWフィンボガソンはこの数字に「残りの0・4%はピッチにいたんだ」と反応したが、実のところは、他の番組を見ていた。

 ロイター通信によると、99・6%は、テレビを見ていた人のうち、サッカーを見ていた人の割合だという。日本でいう、「占拠率」だ。サッカー以外で0・3%を記録したのは、料理対決番組「ザ・グレート・ブリティッシュ・ベイクオフ」の再放送だった。出演者が料理の出来を競う番組だ。残る0・1%は、出演者がどれだけやせたかを競うダイエットショー「ザ・ビッゲスト・ルーザー」の再放送だった。

 2016年欧州選手権でも瞬間…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら