[PR]

 熊本県合志市御代志に昨夏開館した「合志マンガミュージアム」が7月22日に開館1周年を迎える。入場者はすでに年間目標の倍の3万人を突破した。橋本博館長(69)は2年目も色んな趣向を凝らし、県内に次々と漫画の拠点をつくりたいと意気込んでいる。

 マンガミュージアムの蔵書は、熊本市内で漫画古書店「キララ文庫」を営んでいた橋本さんの元に集まってきた7万冊の本がもとになっている。橋本さんが置き場に困り、見かねた客の合志市職員が、議会棟に保管させていたが、荒木義行市長がアニメや漫画を生かした地域振興を掲げて旧西合志郷土資料館(560平方メートル)を2700万円かけて改装。熊本地震の影響で着工が半年近く遅れたが、昨年7月に開館した。

 戦前の貴重な本が展示されており、1960年代からは10年ごとに分けて陳列されて手に取って読める。館内は県産のスギをふんだんに使い、自宅にいるように畳に寝そべったり柱にもたれかかったりして自由な姿勢で読んでもらう設計で、3世代で来る家族連れらでにぎわっている。多目的室では、ミュージアム主催の漫画に関する講座や、漫画愛好家の集会などに利用されている。

 1周年を迎える22日には、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら