[PR]

 名家の令嬢と平凡な自転車屋が恋に落ちる日本テレビ系のドラマ「高嶺(たかね)の花」が7月11日から、水曜夜10時に放送されます。主演の石原さとみさん(31)はドラマに出るときはいつも、自らメイクを行うそうです。天才華道家を演じるに当たり、どんなことを考えながらメイクをしているのか。憧れの「野島伸司作品」に出演することへの思いとともに聞きました。

 ――ドラマのときは自分でメイクをすると聞きました。

 メイクさんをつけてくださるときもありますが、ドラマの時は(劇中で演じる)本人も、朝起きて、メイクをしているんだろうし。自分のコンディションにあわせて、シーンを撮るときの気持ちでメイクをしたほうが、どこを足す、足さないとか、どのくらい血色を良くするとか。自分のことをわかる助けになるので、自分でしていますね。

 ――メイクを考えながら役作りもするのですか。

 キャラクター作りのパーソナルな部分が表れるのって、女性はやっぱり、メイクやファッションだと思う。目で見たときに、印象って変わるので。ずっとお世話になっているスタイリストさんと、「今までと違うファッションって何だろう」と、衣装探しもします。

 ――ドラマでは名門華道家、月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら