【動画】3連覇の佐藤名人、一夜明け心境語る=高橋雄大、神澤和敬、瀬戸口翼撮影
[PR]

 第76期将棋名人戦七番勝負を4勝2敗で制し、3連覇を達成した佐藤天彦(あまひこ)名人(30)が21日朝、第6局の対局場である山形県天童市の天童ホテルで、激闘から一夜明けての心境を語った。

 対局後の感想戦は深夜まで続き、寝たのは朝4時ごろだったという。「一夜明けた感じがしない。まだ将棋が続いているんじゃないかというくらい、昨日のポイントの局面が出てくる。それくらい印象が強い一局だった」と振り返った。

 羽生善治竜王(47)の挑戦を退けたことについては「羽生さんは子供のころから憧れの存在。防衛するのは大変だと思っていたのでうれしい」といい、「国民栄誉賞を受賞し、タイトル100期がかかる羽生さんを応援する人が大多数なのは自然なこと。その中で自分を応援してくれる人がいてくれたことは心の支えになった。アウェー感や寂しさも感じずに済み、いつも通り指せた大きな要因だったと思う」と話した。(村上耕司)

関連ニュース