[PR]

 安倍晋三首相は21日、小此木八郎防災担当相とともに大阪北部地震の被災地を視察した。ガスが復旧せず、多くの被災者が自宅の風呂を使えない状況が続く大阪府茨木市では、自衛隊が若園公園内に設置した仮設の風呂を訪れ、利用者の男性に「ゆっくりしてください」と声をかけた。

 大阪府高槻市では、小学4年の女児(9)が犠牲になった市立寿栄小のブロック塀の倒壊現場で献花し、黙禱(もくとう)した。松井一郎府知事や浜田剛史市長らから被災状況を直接聞き、インフラ復旧や被災者支援などについて意見を交わす予定。