[PR]

 ダイレクトメール(DM)などの発送料金を不正に安くした見返りに業者から接待を受けたとして、神奈川県警は21日、茨城県内の郵便局の課長八尾敏男(46)=茨城県龍ケ崎市=と、元課長田中則男(61)=同県土浦市=の両容疑者を日本郵便株式会社法の加重収賄の疑いで逮捕し、発表した。広告発送代行会社の元取締役塚原孝則容疑者(42)=東京都新宿区=ら5人も、同法の贈賄容疑で逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 捜査2課などによると、八尾容疑者らは大量のDMなどの発送を請け負った際、数量が過少に申告されたり、料金が高い規格外のものが入ったりしているのを認識しながら、適正な検査をせずに黙認し、その見返りとして塚原容疑者らから、2016年1月から9月までの間、それぞれ飲食など計約110万円相当の接待を受けた疑いがある。不正割引による正規料金との差額は少なくとも6億円に上るという。

 この会社をめぐっては、県警は今年2月、横浜市内の郵便局元部長とともに、別の元取締役ら2人を同様の容疑で逮捕=いずれも起訴され公判中=しており、組織ぐるみで多額の支払いを免れていたとみて解明を進める。

 日本郵便株式会社法は刑法と同様、同社職員らが職務に関して賄賂を受け取ることを罰する収賄罪を規定。不正をすると罰則が重くなる加重収賄罪もある。(神宮司実玲、伊藤和也)