[PR]

 トランプ米大統領は20日夜、米中西部ミネソタ州ダルースで演説し、朝鮮戦争で消息不明となった米兵の遺骨が同日、北朝鮮から引き渡されたと語った。シンガポールで12日に開かれた米朝首脳会談で、北朝鮮が米兵の遺骨の回収や引き渡しに努力することで一致していた。

 トランプ氏は演説で、米朝首脳会談の成果を誇るなかで「我々は偉大なる犠牲となった英雄や遺骨を取り戻した。実際に今日、すでに200柱が送り返された」と語った。ただ、どのような形で返還されたかなど、詳細は明らかにしなかった。

 ロイター通信などは19日、北朝鮮が数日内に引き渡しを始める可能性があると報道。当局者の話として、遺骨は在韓米軍に引き渡された後、ハワイのヒッカム米軍基地に移送される可能性があるとしていた。

 米朝首脳会談の共同声明では「すでに身元が確認された人を含め、戦争捕虜や行方不明兵の遺骨回収に努める」ことに合意していた。トランプ氏の発言が事実なら、北朝鮮が迅速に約束を履行したことになる。

 米メディアによると、1950~53年の朝鮮戦争で消息不明となった米軍関係者は約7700人。北朝鮮内には、うち約5300柱の遺骨が残ったままだとみられている。(ダルース=土佐茂生)